BioWiki

アスパラギン酸

Aspartic acid, Asp, D

非必須アミノ酸の一つで、多くはL型で存在する。動物や植物に存在し、特にサトウキビやテンサイに多く含まれる。神経伝達物質としても働く。

Name L-Aspartic acid1)
CAS No.56-84-8
MeSH 68001224
Molecular Formula C4H7NO4
Molecular Weight 133.103
m.p.230-300℃
pK1(25℃)1.99
pK2(25℃)9.90
pKR(25℃)3.90
PubChem image 5960

<jmol asp.pdb.gz 250 250></jmol>

リンク

1) (2S)-2-aminobutanedioic acid