BioWiki

アミノグリコシドフォスフォトランスフェラーゼ

アミノグリコシドフォスフォトランスフェラーゼは、ATPからネオマイシン骨格にリン酸を転移させる酵素。この酵素の遺伝子を持つ細胞は、抗生物質であるカナマイシン,ネオマイシン,G418存在下で生存できる。

InterProエントリ

IPR002575 Abstract - このエントリは、さまざまなアミノグリコシドに対する耐性を与える抗生物質耐性タンパク質で、アミノグリコシド3'-リン酸転移酵素や、カナマイシンキナーゼ、ネオマイシンリン酸転移酵素、ストレプトマイシン3'-リン酸転移酵素を含む。アミノグリコシドフォスフォトランスフェラーゼは抗生物質をリン酸化することによって不活性化する。

PDBエントリ

トランスフェラーゼ(アポ酵素)

PDB image
1J7I - Transferase
Crystal Structure Of 3',5"-Aminoglycoside Phosphotransferase Type Iiia Apoenzyme


カナマイシンとの複合体

PDB image
1L8T - Transferase
Crystal Structure Of 3',5"-Aminoglycoside Phosphotransferase Type Iiia Adp Kanamycin A Complex
リガンド:ADP|KAN|MG


ネオマイシンとの複合体

PDB image
2B0Q - Transferase
Crystal Structure Of 3',5"-Aminoglycoside Phosphotransferase Type Iiia Adp Neomycin B Complex
リガンド:ADP|MG|NMY

Reference