BioWiki

アミノレブリン酸

スクシニルCoAグリシンから生成される化合物で、ヘムの生合成の中間体。日光角化症の治療にも用いられる。(ALAと略される場合がある)

名前Aminolevulinic acid
PubChem image 137