BioWiki

アンフォテリシン

南米ベネゼエラのオリノコ河の土壌から得られたStreptomyces nodosusが生産するマクロライド抗菌・抗生物質。真菌のエルゴステロールに結合し、細胞膜にポアを形成させる。実際に死に至らせる原因はいくつかあるようである。

※一般的に「マクロライド系」と呼ばれる抗生物質は、タンパク質合成阻害。⇒エリスロマイシンなど。

名前Amphotericin B,Fungizone
PubChem image 5280965