BioWiki

イブプロフェン

非ステロイド系の抗炎症剤で、鎮痛剤としてリウマチや関節炎の治療に用いられる。(MeSH)

名前Ibuprofen
PubChem image 3672

有効な異性体

PubChem image 39912

イブプロフェンのプロピオン酸部分のメチル基は光学活性であり、そのうち、(S)-(+)-イブプロフェン (dexibuprofen)がin vivoでもin vitroでも活性であることが分かっている。市販薬としてはコストの面からラセミ体(異性体の混合物)が用いられている。