BioWiki

イントロン

スプライセオソーム型イントロン

例(配列は架空の物。大文字はエクソンを、小文字はイントロンを示す。)

pre-mRNA

5'-
AAAAUGUCAU CAGAUAUCUG GAGguaaguu uuacguauua uucgauucga aaugcuaucg uuucagGCCC GUUACGGGGG CUAUCAG-3
'

スプライシング後

5'-
AAAAUGUCAU CAGAUAUCUG GAGGCCCGUU ACGGGGGCUA UCAG-3
'

上記にあるようにスプライセオソーム型イントロンで最も一般的なタイプは5'端にGU、3'端にAGをもち、これはGU-AG則(GT-AG則)と呼ばれる。 長さは様々で長いものでは数100 kbまで知られ、また平均長は生物種によっても異なる。一方最短は約20 nt程度であり(哺乳類では60 nt程度)、これはイントロンとして機能するためにスプライシング因子との相互作用に立体構造上の制限などがあるためと想像されている。

References