BioWiki

オキシドスクアレンシクラーゼ

コレステロールは細胞に必須の分子である。細胞膜の形成や、ビタミンD・ステロイドホルモンの原料として重要な分子である。しかし、過剰なコレステロール摂取は動脈硬化や心疾患の原因となる。

オキシドスクアレンシクラーゼはコレステロール生合成を行う酵素群のひとつで、オキシドスクアレンを環化してラノステロールを合成する。この反応の基質・生成物ともに非水溶性で、小胞膜上で反応する。

PDB image
1W6K - Isomerase
Structure Of Human Osc In Complex With Lanosterol
リガンド:BOG|LAN

基質・生成物

2,3-オキシドスクアレン ラノステロール
名前2,3-oxidesqualene
PubChem image 5280395
名前lanosterol
PubChem image 246983

医薬品のターゲット酵素

コレステロール生合成にかかわる酵素群の阻害剤は、コレステロール濃度を低下させる医薬品となりうる。リピトールの名称で販売されているアトルバスタチンは、HMG-CoAレダクターゼ(1HWK)の活性部位に結合してコレステロール合成を阻害する。

References

Links