BioWiki

カタボライト活性化タンパク質

バクテリアは、周囲のグルコース濃度によって代謝反応を切り替える。そのスイッチとなるのがカタボライト活性化タンパク質である。

グルコースが豊富な環境では、細胞表面のアデニルシクラーゼが活性化され、ATPcAMPに変換される。すると、cAMPを結合したカタボライト活性化タンパク質が、グルコース以外の分子も消化する酵素の合成を活性化する。一方、グルコースに乏しい環境では他の栄養素を使う仕組みを起動させる。

PDB image
1CGP - TranscriptionDNA
Catabolite Gene Activator Protein (Cap)DNA COMPLEX + Adenosine-3',5'-Cyclic-Monophosphate
リガンド:CMP
PDB image
1IW7 - Transferase
Crystal Structure Of The Rna Polymerase Holoenzyme From Thermus Thermophilus At 2.6a Resolution
リガンド:MG|PB
PDB image
1LB2 - Gene RegulationDNA
Structure Of The E. Coli Alpha C-Terminal Domain Of Rna Polymerase In Complex With Cap And Dna
リガンド:CMP

Links