BioWiki

カルシウムポンプ

筋肉細胞が神経から「収縮しろ」という信号を受け取ると、細胞内の特別な場所に蓄えていたカルシウムを一気に放出する。このカルシウムイオンがアクチン繊維上にあるトロポミオシンに結合し、カルシウムイオンが無くなるまで、運動が続けられる。カルシウムポンプは、放出したカルシウムイオンをATPのエネルギーを使って再吸収する(筋肉を弛緩させる)。

PDB image
1SU4 - Hydrolase
Crystal Structure Of Calcium Atpase With Two Bound Calcium Ions
リガンド:CA|NA

References

What the structure of a calcium pump tells us about its mechanism.
Lee AG, East JM
Biochem J356p665-83(2001 Jun 15)
The mechanism of Ca2+ transport by sarco(endo)plasmic reticulum Ca2+-ATPases.
MacLennan DH, Rice WJ, Green NM
J Biol Chem272p28815-8(1997 Nov 14)

Links