BioWiki

カロテノイドオキシゲナーゼ

カロテノイドオキシゲナーゼは、鉄イオンを補因子としてカロテノイドを酸化的に分解する。βカロテンが分解されると、レチナール(ビタミンA)が生成される。

レチナールは、網膜の光受容・上皮組織の分化・骨形成・再生・免疫応答など、さまざまな機能に必須のビタミンである。

PDB image
2BIW - Oxidoreductase
Crystal Structure Of Apocarotenoid Cleavage Oxygenase From Synechocystis, Native Enzyme
リガンド:3ON|FE

Links