BioWiki

グルコースオキシダーゼ

グルコースオキシダーゼは、グルコースをグルコラクトンへ酸化する小さくて安定な酵素。細胞外ではたらくため、表面には多くの糖鎖が結合している。酸化反応において、酸素から過酸化水素を発生する。

バイオセンサーに用いられる酵素としてもよく知られており、過酸化水素の酸化還元電位を測定することでグルコース濃度を測定できる。白金電極で直接測定することもできるが、メディエーター分子を介して測定することもできる。

PDB image
1GPE - Oxidoreductase(Flavoprotein)
Glucose Oxidase From Penicillium Amagasakiense
リガンド:BMA|FAD|MAN|NAG

Links