BioWiki

スーパーオキシドジムスターゼ (SOD)

酸素は呼吸する生物には必須の分子でありながら、危険な分子でもある。反応性の高いスーパーオキシド(O2-, superoxide)はDNAの変異を引き起こしたり、酵素などのタンパク質上のアミノ酸に反応して本来の機能を失わせてしまう。

酸素ラジカルを過酸化水素に変換するのがスーパーオキシドジムスターゼ(SOD)であり、さらに、過酸化水素を水と酸素に変換するのがカタラーゼである。

SODとスーパーオキシドの反応 2H+ + O2- → H2O2
カタラーゼと過酸化水素の反応 2H2O2 → 2H2O + O2

PDB image
2SOD - Oxidoreductase (Superoxide Acceptor)
Determination And Analysis Of The 2 Angstrom Structure Of Copper, Zinc Superoxide Dismutase
リガンド:ACE|CU|ZN

SODの補因子

スーパーオキシドジムスターゼは活性部位に遷移金属イオンを補因子として持ち、種やオルガネラによって金属種が異なる。

References

Molecular biology of amyotrophic lateral sclerosis: insights from genetics.
Pasinelli P, Brown RH
Nat Rev Neurosci7p710-23(2006 Sep)
Assay of metabolic superoxide production in Escherichia coli.
Imlay JA, Fridovich I
J Biol Chem266p6957-65(1991 Apr 15)
Electrostatic recognition between superoxide and copper, zinc superoxide dismutase.
Getzoff ED, Tainer JA, Weiner PK, Kollman PA, Richardson JS, Richardson DC
Nature306p287-90(1983 Nov 17-23)

Links