BioWiki

セロトニン

生化学的なメッセンジャーや制御因子として機能する有機化合物で、体内で必須アミノ酸であるL-トリプトファンから合成される。ヒトの場合は、中枢神経系や消化管、血小板に見られる。セロトニンはいくつかの重要な生物学的機能の媒体として働いており、神経伝達・胃腸の運動・止血・心臓血管の正常化に関わる。複数の受容体ファミリー(セロトニンレセプター)があることから、生理学的な機能やメディエーターとしての分布範囲は広いと考えられる。

名前Serotonin,
Thrombocytin
PubChem image 5202

PDB image
3BRN - Ligand Binding Protein
Crystal Structure Of Am182 Serotonin Complex
リガンド:SRO

PDB image
2QEH - Ligand Binding Protein
Crystal Structure Of Anopheles Gambiae D7r4-Serotonin Complex
リガンド:SRO

Links