BioWiki

テオフィリン

茶から得られるメチル化キサンチンで、利尿作用・筋弛緩・気管支拡張・強心作用・中枢神経刺激作用をもつ。テオフィリンはcAMPを分解する 3',5'-サイクリックヌクレオチドフォスフォジエステラーゼを阻害するので、アデニル酸シクラーゼやcAMPの機能に影響を与えると考えられる。 (MeSH: 68013806)

名前Theophylline
PubChem image 2153

References

Link