BioWiki

ピルビン酸

炭化水素、アミノ酸、タンパク質、脂肪などの代謝系における中間体。チアミン(ビタミンB1)欠乏症では、ピルビン酸の酸化が遅れ、神経などの組織に蓄積してしまう。

名前Pyruvic acid, Piruvate
PubChem image 1060