BioWiki

ブレオマイシン

ブレオマイシンは、1966年、日本の梅沢浜夫博士によって発見された抗癌剤で、Streptomyces verticillusで非リボソーム合成で産生される糖ペプチド。金属イオンを補因子としてキレートし、分子状酸素を活性化することフリーラジカルを作ってDNAを損傷すると考えられている。(MeSH:68001761)

名前Bleomycin
PubChem image 456190

耐性遺伝子

リンク