BioWiki

ペニシリン

Penicillin G

ペニシリンの誘導体で、感染症の治療にはナトリウム塩かカリウム塩のものが用いられる。グラム陽性菌の多くとグラム陰性球菌に効果がある。γアミノブチル酸(GABA)が媒体となるシナプス間伝達に対する効果があるため、経験的にけいれん薬としても用いられてきた。

1928年、フレミングはPenicilliumカビがバクテリア感染を回避することを発見した。その後の研究で、このカビがペニシリンを生産して培地を覆い、バクテリアを殺していることが分かった。

Name penicillin G
Benzylpenicillin
MeSH 68010400
Molecular Weight 334.39012 g/mol
Molecular Formula C16H18N2O4S
XLogP 1.5

PubChem image 5904

Penicillin V

広い効果範囲をもつペニシリンで、グラム陽性菌による感染に対する穏和な治療の際に経口投与される。

Name Penicillin V
Beromycin
MeSH 10404
Molecular Weight 350.38952 g/mol
Molecular Formula C16H18N2O5S
XLogP 1.4

PubChem image 6869

耐性遺伝子

リンク

Wikipedia