BioWiki

ユビキチン

多くのタンパク質の寿命は 2,3分で、細胞は1つの仕事のためにタンパク質を合成し、仕事が終わったら廃棄する、というサイクルを延々と続けている。細胞はタンパク質の合成だけでなく廃棄もコントロールしており、ユビキチンは使い終わったタンパク質に付けられる「廃棄物タグ」のようなタンパク質である。タグの付いたタンパク質はプロテアソーム(タンパク質分解酵素複合体)で分解される。

PDB image
1UBQ - Chromosomal Protein
Structure Of Ubiquitin Refined At 1.8 Angstroms Resolution

Links