BioWiki

リガーゼ

ポリヌクレオチド(DNA, RNA)の5'リン酸末端と3'ヒドロキシル末端を結合する酵素。生体内において、DNAの複製・修復時に必要となる。


+ リガーゼ + ATP →

細胞内での反応

DNAの複製

  • ポリメラーゼでつながれた岡崎断片の5'末端と3'末端を結合する。

DNAの修復

  • BER修復やNER修復後の5'末端と3'末端を結合する。

実験での用途

 遺伝子工学では、DNAをつなぐために必要とされる。制限修飾系がハサミなら、リガーゼは「のり」である。用途に応じてDNAリガーゼ・RNAリガーゼを使い分ける。

ライゲーションキットについて

 市販されているライゲーションキットは、ライゲーションに適したバッファー組成(最適な塩濃度や界面活性剤濃度)になるように工夫されています。また、ライゲーション効率を上げるために修復タンパク質PprAを添加したキット(Nippon gene)もあります。

 注意しなければいけないのは、そのバッファー組成が形質転換の効率に悪影響を与えることが多い、ということです。ライゲーション後にエタ沈することが望ましいですが、エタ沈を操作をショートカットするために、悪影響を与えないような溶液を加えるタイプもあります(TaKaRa)。

 いずれにしても、「高効率」を謳うキットを使う場合、「なぜ高効率か?」ということをよく理解して使いたいものです。

リンク

書籍