BioWiki

多剤耐性トランスポーター

バクテリアが抗生物質に耐性をもつのは、次のような機構があるからである。

  1. 抗生物質を特異的に失活させる酵素をもっている。
  2. 抗生物質らしき物質を細胞外に排出する。

前者は、抗生物質を特異的に失活させる反応するラクタマーゼのような酵素である。多剤耐性トランスポーターは後者にあたり、種々の薬剤を細胞外に排出する膜貫通タンパク質である。似た構造の物質を排出できるのが特徴である。

このようなトランスポーターはバクテリアに限らずヒトにも存在し、P-糖タンパク質はヒトの多剤耐性トランスポーターとして脳脊髄、睾丸、胎児、骨髄を毒性の高い化学物質から守っている。

PDB image
2ONJ - Hydrolase
Structure Of The Multidrug Abc Transporter Sav1866 From S. Aureus In Complex With Amp-Pnp
リガンド:ANP|NA
PDB image
2GFP - Membrane Protein
Structure Of The Multidrug Transporter Emrd From Escherichia Coli
PDB image
1IWG - Membrane Protein
Crystal Structure Of Bacterial Multidrug Efflux Transporter Acrb
PDB image
1EK9 - Membrane Protein
2.1a X-Ray Structure Of Tolc: An Integral Outer Membrane Protein And Efflux Pump Component From Escherichia Coli
PDB image
2F1M - Transport Protein
Conformational Flexibility In The Multidrug Efflux System Protein Acra

References

A primer on the mechanics of P-glycoprotein the multidrug transporter.
Hennessy M, Spiers JP
Pharmacol Res55p1-15(2007 Jan)
P-糖タンパク質

Links