BioWiki

cAMP

環状AMP(cyclic AMP)。糖の3'位と5'位でエステル結合が形成されている。ATPからアデニル酸シクラーゼで生成され、cAMPサイクリックヌクレオチドフォスフォジエステラーゼAMPに加水分解される。エピネフリングルカゴンACTHといったホルモンレセプターのシグナル伝達を媒介する役割を担っている。(MeSH)

名前Cyclic AMP, cAMP
3',5'-cyclic AMP
PubChem image 6076

リンク