BioWiki

LD50

物質の毒性の評価として用いられる。ある物質を与えた場合に半数の個体が死に至る物質の重さで、個体の体重1kgあたりの値とする。

さまざまな物質のLD50

LD50 mg/kg origin
ボツリヌス菌毒素D 3.2×10-7 細菌毒
ボツリヌス菌毒素A 1.1×10-6 細菌毒
破傷風菌 1.7×10-6 細菌毒
ダイオキシン 0.6×10-3
サキシトキシン 3.4×10-3 プランクトン貝の毒
テトロドトキシン 1.0x10-2 フグ毒
α-アマンチン 0.3 テングダケ
シアン化水素ガス 3
HgCl2 5
KCN((シアン化カリウム、青酸カリ) 10
CCl4 4620

「身のまわりの毒」東京化学同人 より引用