BioWiki

RNase

RNAの分解酵素。DNaseと異なり、活性に補因子を必要としないため、変性後にもリフォールディングして活性を取り戻す。そのため、RNAを試料として扱う実験では厄介な存在でもある。

PDB image

<jmol 1w4o.pdb.gz 250 250 true>

jmolBr();
jmolButton("select all;spacefill off; wireframe off;cartoon;color cartoon chain;select ligand;wireframe 40;spacefill 120;","Ribbons");
jmolButton("select all;spacefill off; wireframe 40;spacefill 120;cartoon off;","Atoms");
jmolBr();

</jmol>

調製

RNaseA 5mg/mL

RNaseA250 mg
1M Tris-HClバッファー(pH 7.5)0.5mL
5M NaCl0.15mL
グリセロール25mL
  1. H2Oで50mLにメスアップ。
  2. 100°Cで15minでDNaseを失活させる。