BioWiki

S-アデノシルメチオニン

生理学的なメチルラジカルの供与化合物で、酵素によるメチル転移反応に関わり、すべての生物組織の中に存在する。抗炎症作用があり、慢性的な肝疾患の治療に使われてきた。

名前S-adenosyl-L-methionine, SAMe
PubChem image 34756