BioWiki

TAG: カルシウム

ページ内容タグ
カドヘリン カドヘリン カドヘリンは細胞と細胞を結合させる細長いタンパク質で、ドメインが数珠繋ぎになった構造をしている。ドメインとドメインはカルシウムイオンで構造が安定化されている。カドヘリンの末端は細胞膜を突き抜けて、細胞内のタンパク質であるβカテニンと結合し、βカテニンはαカテニンを介して細胞の骨格を形成するアクチンと結合する。つまり、細胞と細胞は、… , ,
カルモジュリン カルモジュリン カルシウムは、体の中で最も豊富なミネラルで、二番目に豊富なのがリン。そして、これらカルシウムとリンがおよそ2kgにもなる強固な骨を形成している。 しかし、カルシウムイオンは骨の形成だけでなく、情報伝達にも関わっている。カルシウムイオン結合タンパク質であるカルモジュリンは、カルシウム結合時に構造を変えて、その構造変化を他のカルモジュリン依存タンパク質がシグナルとして受け取る。筋肉の収縮やインスリンの放出、あるいは受精卵が2着以降の精子をブロックするためのシグナル伝達にもカルシウムイオンが関わっている。… , , , ,