BioWiki

ステロイド

ページ内容タグ
アナボリックステロイド (Anabolic Steroids) アナボリックステロイド (Anabolic Steroids) アナボリックステロイドは、テストステロン様の構造で筋肉増強剤として使用されている。このステロイドには、男性ホルモンとしての役割(胚の成長・分化への作用や思春期のテストステロン濃度の上昇)と、同化作用(筋肉中のタンパク質合成・血球の生成・性機能の形成)がある。 , ,
エストラジオール エストラジオール 一般にはエストラジオールの17β異性体とされ、芳香性18員環ステロイドの3β・17βに水酸基をもつ。エストラジオール17βは哺乳類のエストロゲン様作用が最も強い構造である。ヒトでは、最初に卵巣と胎盤で作られる。また、エストラジオールは男性や閉経後の女性の脂肪組織でも作られる。17α異性体は , ,
エストロゲンレセプター エストロゲンレセプター エストロゲンは卵巣で作られる性ホルモンのひとつで、体内の情報伝達にかかわっている。エストロゲンのような脂溶性の高いホルモンはインスリンやイオンと異なり、細胞膜を通り抜けて細胞内のエストロゲン受容体と結合する。そして、エストロゲン受容体がエストロゲンを結合すると、DNAの特異的なサイトに結合して必要とするタンパク質合成を活性化させる。… , , , ,
エルゴステロール エルゴステロール エルゴステロールはカビなどの真菌類の細胞膜を構成するステロイド。真菌類の細胞膜中のエルゴステロールの役割は、動物細胞におけるコレステロールと類似している。エルゴステロールから紫外線によってビタミンD , ,
オキシドスクアレンシクラーゼ オキシドスクアレンシクラーゼ コレステロールは細胞に必須の分子である。細胞膜の形成や、ビタミンD・ステロイドホルモンの原料として重要な分子である。しかし、過剰なコレステロール摂取は動脈硬化や心疾患の原因となる。 , , , ,
コレステロール コレステロール すべての高等動物の主要なステロールで、体組織、特に脳や脊髄、動物性脂肪や油脂に分布している。 Link * MeSH 化学構造 ステロイド 動物 , ,
コール酸 コール酸 肝臓で生産される主要な胆汁酸で、普通はグリシンとタウリンの合成によって作られる。脂質の吸収やコレステロールの排出を促進する。(MeSH: 68019826) 化学構造 代謝反応 ステロイド , ,
ジヒドロテストステロン ジヒドロテストステロン 男性ホルモンであるテストステロンの代謝物。このジヒドロテストステロン (DHT) はテストステロンの5α位の還元によって生成される。テストステロンとは異なり、DHTはエストラジオールまで還元できない(二重結合を生成できない)ため、DHTは純粋な男性ステロイドホルモンと考えられる。 , ,
タウロコール酸 タウロコール酸 胆汁酸とタウリンが結合した化合物。この化合物のナトリウム塩は肉食動物の胆汁の主成分である。タウロコール酸は吸収をうながすために脂肪を可溶化し、それ自身も吸収される。胆汁分泌促進薬として用いられる。 ,
テストステロン テストステロン 強い男性ホルモンで、睾丸のライディッヒ細胞分泌主成分。下垂体からの黄体形成ホルモン (LH, luteinizing hormone) によってテストステロン生産が刺激される。逆に、分泌されたテストステロンは下垂体のLHや卵胞刺激ホルモン (FSH, follicle-stimulating hormone) の分泌をフィードバック制御する。組織によってはテストステロンをさらに , ,
デヒドロコール酸 デヒドロコール酸 コール酸から作られる半合成胆汁酸。胆汁分泌促進薬として用いられたり、検査補助薬として用いられる。(MeSH: 68003685) 化学構造 ステロイド ,
プロピオン酸クロベタゾール プロピオン酸クロベタゾール Prednisoloneの誘導体で高い糖質コルチコイド活性と低いミネラルコルチコイド活性がある。皮膚吸収がfluocinonideよりも速く、乾癬の治療に用いられるが、副腎皮質機能が抑制される。 , ,
胆汁酸 胆汁酸 リンク * タウリン * タウロコール酸 化学構造 ステロイド ,