BioWiki

トロパン

ページ内容タグ
アトロピン アトロピン 最初にベラドンナから抽出されたアルカロイド。ナス科など、他の植物にも存在する。アセチルコリンと競合してレセプターに結合するため、硫酸塩は神経ガスの解毒剤としても用いられる。 リンク , ,
コカイン コカイン コカを含む植物から抽出されるアルカロイドエステル。麻酔薬あるいは血管収縮剤として用いられ、特に、目・耳・鼻・のどに用いられる。同時に、アンフェタミンと同様、中枢神経に影響を与え、乱用薬物でもある。コカインは、アンフェタミンと似たコカインは、脳のカテコールアミン性ニューロンに様々な機構で影響を与え、その機構はドーパミンの吸収阻害を含んでいると思われる。(MeSH:… , ,