BioWiki

ビタミン

ヒトの生命活動の維持や成長に少量必要とされる有機化合物で、体内で作りだすことができず摂取が必要なもの。

Links

ページ内容タグ
アスコルビン酸(ビタミンC) アスコルビン酸(ビタミンC) グルコースに類似した6炭素化合物。柑橘類の果実や多くの野菜に含まれる。還元型のアスコルビン酸は人間に必須の栄養素であり、組織と骨の接合に必要である( , ,
カロテノイドオキシゲナーゼ カロテノイドオキシゲナーゼ カロテノイドオキシゲナーゼは、鉄イオンを補因子としてカロテノイドを酸化的に分解する。βカロテンが分解されると、レチナール(ビタミンA)が生成される。 レチナールは、網膜の光受容・上皮組織の分化・骨形成・再生・免疫応答など、さまざまな機能に必須のビタミンである。 , , ,
コラーゲン コラーゲン ヒトの体のタンパク質の4分の1はコラーゲンで、「しなやかな構造」自体が機能である。腱と筋肉を補強したり、皮膚と組織を支える。また、骨や歯はコラーゲンに無機結晶を加えて作られる。 , , ,
チアミン (ビタミンB1) チアミン (ビタミンB1) 化学構造 補酵素 ビタミン , ,
デヒドロアスコルビン酸 デヒドロアスコルビン酸 酸化されたアスコルビン酸(ビタミンC)で、酸化還元によって可逆的に還元される。2,3-ジケトグロン酸のラクトンであり、ヒトへの経口投与で抗壊血作用がある。 Name Dehydroascorbic Acid , ,
ビオチン ビオチン 水溶性の補酵素で、すべての細胞にごく少量必要とされ、ビタミンHとも呼ばれる。多くはタンパク質やポリペプチドにアミド結合した状態で存在しており、肝臓・腎臓・脾臓や、酵母や牛乳、卵白に含まれる。ヒトの腸内細菌が作り出すことも知られている。 , , ,
ビタミンB12 ビタミンB12 配位子としてコバルトイオンを含む有機化合物で、腸内の微生物によって生産され、土壌や水中にも存在する。高等植物はビタミンB12を濃縮しないので、動物由来の物質に比べるとビタミンB12に乏しい。 ,
ピルビン酸 ピルビン酸 炭化水素、アミノ酸、タンパク質、脂肪などの代謝系における中間体。チアミン(ビタミンB1)欠乏症では、ピルビン酸の酸化が遅れ、神経などの組織に蓄積してしまう。 化学構造 代謝反応 ビタミン , ,
レチナール レチナール 視物質のカロテノイド成分。視覚サイクルの活性物質として働くレチノールが酸化された構造である。オプシンと結合してロドプシンを形成する。可視光を吸収するとロドプシン複合体のレチナール部分の11位の二重結合がシス体に異性化する。(暗反応では通常のトランス体に戻る。) ,
レチノール(ビタミンA) レチノール(ビタミンA) レチノールは、網膜の代謝・上皮組織の分化・骨形成・再生・免疫応答などに必須の栄養素。植物のさまざまなカロテンから分解して生成される。また、肝臓・卵黄・乳製品の脂肪分に多く含まれている。 , ,
葉酸(ビタミンB) 葉酸(ビタミンB) ビタミンB群に属し、造血系を活性化する。肝臓や腎臓に存在し、マッシュルーム、ホウレンソウ、イースト、緑色の葉や草(イネ)に含まれている。葉酸欠乏症や巨赤芽球性貧血の治療や予防に用いられる。(MeSH: , ,