BioWiki

ホルモン

ページ内容タグ
ACTH ACTH ACTH (Adrenocorticotropic hormone)は、副腎からのコルチゾール分泌を促す。 Name adrenocorticotrophin Protein familyPro-opiomelanocortin/corticotropin, ACTHUniprotCOLI_HUMAN ホルモン ペプチド 副腎皮質 , ,
アナボリックステロイド (Anabolic Steroids) アナボリックステロイド (Anabolic Steroids) アナボリックステロイドは、テストステロン様の構造で筋肉増強剤として使用されている。このステロイドには、男性ホルモンとしての役割(胚の成長・分化への作用や思春期のテストステロン濃度の上昇)と、同化作用(筋肉中のタンパク質合成・血球の生成・性機能の形成)がある。 , ,
インシュリン インシュリン (インスリン) 膵臓で作られる51アミノ酸のペプチドホルモンで、グルコース代謝を制御している。グルコース生産を抑制し、間接的にグルカゴンの分泌と脂質分解を抑える。 , , ,
エストラジオール エストラジオール 一般にはエストラジオールの17β異性体とされ、芳香性18員環ステロイドの3β・17βに水酸基をもつ。エストラジオール17βは哺乳類のエストロゲン様作用が最も強い構造である。ヒトでは、最初に卵巣と胎盤で作られる。また、エストラジオールは男性や閉経後の女性の脂肪組織でも作られる。17α異性体は , ,
エストロゲンレセプター エストロゲンレセプター エストロゲンは卵巣で作られる性ホルモンのひとつで、体内の情報伝達にかかわっている。エストロゲンのような脂溶性の高いホルモンはインスリンやイオンと異なり、細胞膜を通り抜けて細胞内のエストロゲン受容体と結合する。そして、エストロゲン受容体がエストロゲンを結合すると、DNAの特異的なサイトに結合して必要とするタンパク質合成を活性化させる。… , , , ,
グルカゴン グルカゴン グルコース代謝と恒常性維持の役割を果たすホルモンペプチド。グルコース生産を増加させ、グルコース分解を減少させ、血中のグルコース濃度を制御する。逆の働きをするのが , ,
ジヒドロテストステロン ジヒドロテストステロン 男性ホルモンであるテストステロンの代謝物。このジヒドロテストステロン (DHT) はテストステロンの5α位の還元によって生成される。テストステロンとは異なり、DHTはエストラジオールまで還元できない(二重結合を生成できない)ため、DHTは純粋な男性ステロイドホルモンと考えられる。 , ,
チロキシン チロキシン 甲状腺から分泌される主要なホルモン。チロキシンはチロシンのヨウ化を経て(モノヨードチロシン)、チログロブリンの中で2つのヨードチロシンが結合することで合成される。チロキシンはチログロブリンが分解をうけることで血液中に放出される。チロキシンは末梢で脱ヨウ化されてトリヨードチロニンとなり、細胞の代謝を幅広く刺激する作用を示す。… , ,
チログロブリン チログロブリン チログロブリンは甲状腺に特有の大きな糖タンパク質で、甲状腺ホルモンであるチロキシン(T4)やトリヨードチロニン(T3)の前駆体である。 (InterPro) PDB entry Reference pdb interpro ホルモン 甲状腺 糖タンパク質 , , , ,
テストステロン テストステロン 強い男性ホルモンで、睾丸のライディッヒ細胞分泌主成分。下垂体からの黄体形成ホルモン (LH, luteinizing hormone) によってテストステロン生産が刺激される。逆に、分泌されたテストステロンは下垂体のLHや卵胞刺激ホルモン (FSH, follicle-stimulating hormone) の分泌をフィードバック制御する。組織によってはテストステロンをさらに , ,
成長ホルモン 成長ホルモン 下垂体から分泌される成長ホルモン Reference * Links * 成長ホルモン - Pubmed x LSD 総説検索 * Growth Hormone - RCSB PDB 'Molecule of the month' ホルモン