BioWiki

TAG: リポタンパク質

ページ内容タグ
ウシ血清アルブミン (BSA) ウシ血清アルブミン (BSA) ウシ由来の小さなリポタンパク質で、in vitro実験でよく用いられる。(BSA: Bovine Serum Albumin) * 脂質など疎水性低分子の結合 * タンパク質の疎水部分の保護(ブロッキング, マスキング)
血清アルブミン 血清アルブミン 栄養として必要な分子には、糖のような水溶性のものもあれば、脂肪酸やステロイドのように非水溶性の分子もある。血中では血清アルブミンが結合することによって非水溶性の分子が凝集することを防いでいる。 , ,