BioWiki

変性剤

ページ内容タグ
グアニジン塩酸塩 グアニジン塩酸塩 水溶性のグアニジン塩酸塩。尿素と同じようにタンパク質の可溶化、変性実験に用いられる。 Name Guanidine hydrochloride 塩酸グアニジンMolecular Weight 95.5313g/mol Molecular Formula ,
尿素 尿素 尿素はアミノ酸の脱アミノ化で発生するアンモニアから肝臓で生成される。タンパク質代謝・アミノ酸代謝の最終生成物で、尿中の成分の半分は尿素。また、尿素水溶液にはタンパク質の変性作用があり、タンパク質の可溶化や構造安定性の評価に用いられる。 , ,