BioWiki

必須アミノ酸

摂取が必須なアミノ酸。ヒトの体内で合成できないため、食物などから摂取しなければならない。必須アミノ酸は、アミノ酸としてタンパク質合成に利用されるだけでなく、さまざまな代謝経路において反応の出発点となったり、化学種(アミン、炭素、ラジカル)の供与体となる。アルギニン(Arg)とヒスチジン(His)を必須アミノ酸に加える場合もある。

非必須アミノ酸

ページ内容タグ
イソロイシン イソロイシン Isoleucine, Ile, I 分岐した疎水性側鎖を持つ必須アミノ酸。ロイシンと組成が同一な構造異性体(isomer)。イソロイシンは、側鎖がβ炭素で分岐しているため、側鎖が主鎖と近接して自由度が低い。そのため、二次構造形成傾向がロイシンとは大きく異なる。( , , ,
スレオニン スレオニン Threonine, Thr, T ほとんどはL型で存在する必須アミノ酸のひとつ。卵、牛乳、ゼラチンやその他のたんぱく質に含まれる。 Name L-Threonine MeSH 68013912 Molecular Formula CAS No. , , ,
トリプトファン トリプトファン Tryptophan, Trp, W 必須アミノ酸で、幼児の成長や、成人の窒素源の調節に必要とされる。植物においては、インドールアルカロイドの前駆体である。また、抗鬱剤・睡眠補助剤として用いられているセロトニンの前駆体でもある。効率は悪いが、動物ではナイアシンの前駆体としても働く。 , ,
バリン バリン Valine, Val, V 側鎖に疎水性の側鎖をもつ必須アミノ酸。分岐鎖をもつ分岐鎖アミノ酸であり、刺激作用ももつ。筋肉や組織修復を促進するアミノ酸であり、ペニシリン生合成の前駆体でもある。語源はアミノ吉草酸(valeric acid)の「Val」から。 , , ,
フェニルアラニン フェニルアラニン Phe, F 必須アミノ酸で、芳香環側鎖を持つ。メラニン、ドーパミン、ノルアドレナリン、チロキシンといったホルモンの前駆体である。 Name L-Phenylalanine CAS No.63-91-2MeSH 68010649 Molecular Weight 165.18914 g/mol , , ,
メチオニン メチオニン Methionine, Met, M 側鎖に硫黄原子をもつ必須アミノ酸。硫黄原子は、メチル基を他の分子に供与したり、他の分子を受け取る重要な役割を果たしている。また、重金属の配位子としても働く。 , , , ,
リジン リジン Lysine, Lys, K 側鎖に4つのメチレンを挟んでアミノ基をもつ塩基性アミノ酸で、必須アミノ酸の一つ。家畜の飼料に混合される。 語源は、カゼインの加水分解物(lysis)から見つかったことから。 , , ,
ロイシン ロイシン Leucine, Leu, L 疎水性の側鎖を持つ必須アミノ酸。ヘモグロビン合成に重要なアミノ酸の一つである。 Name L-Leucine MeSH 68007930 CAS No.61-90-5Molecular Weight 131.17292 g/mol Molecular Formula , , ,