BioWiki

抗酸化作用

共存する物質の酸化を抑えたり遅らせたりする、天然物あるいは化学合成物。動物組織において、酸化による損傷を防ぐ効果がある。

(MeSH)

ページ内容タグ
エピガロカテキンガレート エピガロカテキンガレート 緑茶(Camellia sinensis))に含まれる抗変異原性の物質。ステロイド5αレダクターゼの阻害剤。渋みを呈味。 関連するタンパク質 Links * MeSH * Epigallocatechin gallate * カテキン 植物 食品 抗酸化作用 抗新生物薬 抗変異原性 神経保護剤 , , , , ,
カテキン カテキン 抗酸化作用のあるフラボノイドで、特に (+)-カテキンと(-)-エピカテキン(シス型)が木本類の植物によく見られる。 (MeSH) カテキンが二量化して赤色に呈色するテアフラビンは、紅茶に含まれる色素である。 関連するタンパク質 ,
テアフラビン テアフラビン カテキンが発酵されてできる赤色の色素で、紅茶に含まれる。B環にカテキンが結合し、ダイマーを形成した化学構造をもつ。 Links * Theaflavin 抗酸化作用 キレート 食品 , ,