BioWiki

TAG: 発がん性

ページ内容タグ
ウレタン ウレタン 抗腫瘍性の化合物で、獣医用の麻酔薬にも使用され、有機合成の中間体としても用いられる。発がん性が疑われている。 Links * MeSH: 68014520 * 化学物質安全性カード: 0314(あらゆる接触を避ける) ,
エチジウムブロマイド エチジウムブロマイド エチジウムは、抗トリパノソーマ薬・抗ウィルス薬であり、分子生物学や生化学の実験で用いられてきた。エチジウムは、核酸への結合・ニコチン性アセチルコリンレセプターへ非競合的阻害・蛍光といった実験に便利な特性を持っている。高い発がん性を持っているため扱いに注意が必要な化合物であり、発がん性の低い蛍光物質で代替するようになった。… , , ,
ジエチルスチルベストロール ジエチルスチルベストロール 更年期障害に治療に用いられる非ステロイド系の合成エストロゲン。以前は動物の成長促進剤として用いられていた。米国NTPのCarcinogens年次レポート(1985)によれば、ジエチルスチルベストロールは発がん性物質に挙げられた。(MeSH: ,
ヘプタクロル ヘプタクロル 以前はシロアリやその他の昆虫を防除するために使われていた人工化合物。1980年後半の間にアメリカでは生産が中止されたが、まだ土壌や有害廃棄場には残っている。動物やヒトにも明らかに有害だが、国際がん研究機関はヘプタクロルはヒトに対する発がん性があるものと分類できないと決定している。(ATSDR ,
ベンゼン ベンゼン 有毒で揮発性、可燃性の液体炭化水素で、石化炭化水素の蒸留段階で得られる。塗料・ニス・ラッカー薄め液・ガソリンなどの工業用の溶媒に使われる。ベンゼンは中枢神経系を激しく損傷し、骨髄に慢性的な損傷を引き起こし、発がん性物質でもある。かつては寄生虫駆除に用いられていた。(MeSH: , ,