BioWiki

神経

ページ内容タグ
アセチルコリン アセチルコリン 神経伝達物質。脊椎動物のアセチルコリンは、神経や筋肉、自律神経節、副交感神経、交感神経の一部分など、多くの中枢神経系で主要な伝達物質である。アセチルコリンは、 , , ,
アセチルコリンエステラーゼ アセチルコリンエステラーゼ 筋肉細胞はシナプスで神経細胞からアセチルコリンを介して信号を受け取る。筋肉細胞の運動が終わったあとは、ずっと信号が入りっぱなしにならないように、アセチルコリンは分解されるか再吸収される必要がある。 アセチルコリンエステラーゼは神経細胞から放出されたアセチルコリンを分解する。 , , ,
アセチルコリンレセプター アセチルコリンレセプター 刺激を受けた神経細胞はシナプスで小さな有機分子、アセチルコリンを放出し、となりの細胞に信号を伝える。アセチルコリンレセプターがアセチルコリンを結合すると、レセプターのイオンチャンネルが開き、イオンが細胞膜を通過し、膜電位が変化する。 , ,
アミロイドβ前駆タンパク質 アミロイドβ前駆タンパク質 アミロイドβ前駆タンパク質(APP)はさまざまな機能をもつ複雑なタンパク質で、老化した神経細胞に蓄積することが知られている。このタンパク質自体は体のどの細胞表面にも存在する膜タンパク質で、細胞内・細胞膜・細胞外にドメインをもつ。 , , , , , ,
アンフェタミン アンフェタミン 強力な中枢神経刺激物で交感神経様作用薬。アンフェタミンは、アドレナリンとドーパミン吸収をブロックする作用、モノアミンの放出、モノアミンオキシダーゼの阻害などの作用がある。アンフェタミンは乱用薬物であり、幻覚発現薬である。L体は中枢神経への作用は少ないが、心臓血管作用は強い。D体はデクストロアンフェタミンと呼ばれる。 ,
エピネフリン(アドレナリン) エピネフリン(アドレナリン) 多くの種で副腎髄質から放出される交感神経作用物質。α、βアドレナリン作用系を刺激し、血管収縮と胃腸の弛緩、心臓への刺激、気管支や大脳の血管を拡張する。喘息や心不全の際に使われたり、局所麻酔の吸収を遅らせるために使われる。 ,
コリン コリン ホスファチジルコリン (レシチン)の基本成分で、植物や動物の組織に含まれる。アセチルコリンの前駆体であり、さまざまな代謝反応や脂質代謝において、メチル基の供給源となる。(MeSH) 化学構造 神経 代謝反応 , ,
タブン タブン 毒ガスの一つで、1963年、有機リン系の農薬開発過程で見つかった、最初の神経ガス。 アセチルコリンを分解するコリンエステラーゼに結合し、反応を阻害する。その結果、アセチルコリンが分解されないため、シナプスにアセチルコリンが蓄積され、アセチルコリンレセプターが四六時中活性化されてしまう。筋肉に信号を延々送り続けることになり、けいれんを起こす。… , ,
ホスゲン ホスゲン 毒性の非常に高いガスで、化学兵器として使用されてきた。これは、致死濃度のガスを吸入してもすぐには刺激がない、潜行性の毒である。(The Merck Index, 11th ed, p7304) 毒 神経 化学構造 , ,
神経ガス 神経ガス 神経伝達物質であるアセチルコリンの分解を阻害するガス。 アセチルコリンを分解するコリンエステラーゼに結合し、反応を阻害することで、アセチルコリンがシナプスに蓄積される。その結果、アセチルコリンレセプターが常に活性化されてしまい、筋肉のけいれんなどがおこる。 ,