BioWiki

TAG: 細胞膜

ページ内容タグ
クラスリン クラスリン クラスリンは、エンドサイトーシスに見られる被覆小胞を形成する巨大なタンパク質複合体である。トライスケリオンと呼ばれる3本足のタンパク質の「籠編み」によって細胞膜ごと包み込み、巨大な球状ベシクルを形成する。 , , ,
ジメチルスルホキシド (DMSO) ジメチルスルホキシド (DMSO) 非常に極性の高い溶媒。細胞膜を通過することができるため、薬剤の局所適用の溶剤として用いられる。また、組織の凍結防止にも用いられる。DMSOは無痛覚・消炎といった範囲の薬剤活性も示す。 , ,