BioWiki

色素

呈色する化合物や物質で、溶解性の色素や不溶性の顔料がある。これらはインクや絵の具、あるいは指示薬や試薬として用いられる。

Links

ページ内容タグ
BPB BPB BPB -> ブロモフェノールブルー 電気泳動 色素 マーカー 別名 , , ,
XC XC XC -> キシレンシアノールFF 電気泳動 色素 マーカー 別名 , , ,
アントシアニン アントシアニン アントシアニンは、フラボノールから派生したフラボノイド群の一つで、4位のケトン酸素がない。cyanidin, pelargonidin, delphinidinは、アントシアニンに糖が付加したものである。その結合によって植物の花が青、赤、紫といった色を発色する。 , ,
カプサンチン カプサンチン 唐辛子の赤色の主成分。辛味の主成分はカプサイシン Name Capsanthin Paprika extractMeSH 67006889 Molecular Weight 584.87084 g/mol Molecular Formula XLogP 6.9 リンク * カプサイシン 化学構造 食物 色素 , ,
カロテノイドオキシゲナーゼ カロテノイドオキシゲナーゼ カロテノイドオキシゲナーゼは、鉄イオンを補因子としてカロテノイドを酸化的に分解する。βカロテンが分解されると、レチナール(ビタミンA)が生成される。 レチナールは、網膜の光受容・上皮組織の分化・骨形成・再生・免疫応答など、さまざまな機能に必須のビタミンである。 , , ,
カロテン カロテン (carotene) 緑黄色野菜に多く含まれる天然に存在する色素で、キサントフィルとともにカロテノイドと呼ばれる。炭化水素のみからなるものをカロテン(carotene)、酸素を含むものをキサントフィル(xanthophyll)と呼ぶこともある。語源はにんじんの「carrot」に由来する。 , ,
キシレンシアノールFF (XC) キシレンシアノールFF (XC) Links * ブロモフェノールブルー * ポリアクリルアミドゲル * Cyanol FF 電気泳動 色素 マーカー , ,
クルクミン クルクミン Curcuma longaの根から得られるターメリック(Termeric)に含まれる黄橙色の色素。クルクマ紙やボロンの検出に用いられる。クルクミンは薬理的な効果をもち、主として代謝酵素に対する阻害性の効果によるものである。 , , , ,
ナスニン ナスニン 日本のなすびの外皮に含まれる紫色のアントシアン系色素。熱によって分解、褐変する。 この色素は、金属イオンと錯体を形成して安定化する。漬け物にするときに、色を鮮やかに保つためにミョウバンを加えたり鉄釘と一緒に漬けるのはこのためである。 , , ,
フラボノイド フラボノイド フラボンに似た構造をもつフェニルベンゾピラン類。(MeSH: 68005419) リンク * フラボノール * アントシアニン 化学構造 色素 植物 , ,
フラボノール フラボノール フラボノイド群のうち、3位がヒドロキシル、4位がケトンになっているもの。 リンク * フラボノイド * アントシアニン 色素 化学構造 ,
ブロモフェノールブルー (BPB) ブロモフェノールブルー (BPB) Links * キシレンシアノールFF * ポリアクリルアミドゲル * Bromophenol blue 電気泳動 色素 マーカー , ,