BioWiki

補因子

ページ内容タグ
Zincフィンガー (Zinc finger) Zincフィンガー (Zinc finger) Zincフィンガーは、DNAを結合する構造モチーフで、カエルの卵の転写因子TFIIIAから発見された。20-30個程度の少ないアミノ酸残基からなり、2個のヒスチジンと2個のシステインが亜鉛イオン( , , , ,
アルコールデヒドロゲナーゼ アルコールデヒドロゲナーゼ 肝臓でアルコールをアルデヒドに酸化する酵素。できたアルデヒドはさらにアルデヒドデヒドロゲナーゼに酸化されて酢酸となり、無毒化・資化される。 , , , , ,
カルモジュリン カルモジュリン カルシウムは、体の中で最も豊富なミネラルで、二番目に豊富なのがリン。そして、これらカルシウムとリンがおよそ2kgにもなる強固な骨を形成している。 しかし、カルシウムイオンは骨の形成だけでなく、情報伝達にも関わっている。カルシウムイオン結合タンパク質であるカルモジュリンは、カルシウム結合時に構造を変えて、その構造変化を他のカルモジュリン依存タンパク質がシグナルとして受け取る。筋肉の収縮やインスリンの放出、あるいは受精卵が2着以降の精子をブロックするためのシグナル伝達にもカルシウムイオンが関わっている。… , , , ,
キレート試薬、キレート化合物 キレート試薬、キレート化合物 2個またはそれ以上の中心金属イオンと配位結合する有機化合物。「キレート」(χηλή, chelè)とは、はギリシャ語で「カニのはさみ」の意味。カルボン酸と金属との配位結合の形から名前が付けられた。 , ,
クロロフィル クロロフィル Links * 光合成系I * ヘム 化学構造 植物 光合成 補因子 , , ,
シクロオキシゲナーゼ シクロオキシゲナーゼ References * * * Links * プロスタグランジンエンドペルオキシド合成酵素 - Pubmed x LSD 総説検索 * Cyclooxygenase - RCSB PDB 'Molecule of the month' 酸化還元 酵素 補因子 ヘム , , ,
シトクロムc シトクロムc シトクロムcのような電子伝達タンパク質によって細胞内の電子が保持・伝達される。 Links * Cytochrome c - RCSB Molecule of the month 細胞内 タンパク質 酸化還元 補因子 ヘム , , , ,
ジヒドロ葉酸レダクターゼ ジヒドロ葉酸レダクターゼ 葉酸は炭素を付加する酵素反応で炭素の供給源となる分子である。酸化された葉酸を還元状態にもどしてリサイクルするのがジヒドロ葉酸レダクターゼである。葉酸が関わる特に重要な反応は、 , , ,
スーパーオキシドジムスターゼ (SOD) スーパーオキシドジムスターゼ (SOD) 酸素は呼吸する生物には必須の分子でありながら、危険な分子でもある。反応性の高いスーパーオキシド(, superoxide)はDNAの変異を引き起こしたり、酵素などのタンパク質上のアミノ酸に反応して本来の機能を失わせてしまう。 , , ,
フェリチンとトランスフェリン フェリチンとトランスフェリン 鉄イオンは、生体内でさまざまな役割を果たしている。ヘモグロビンのヘムに分子状の酸素を結合したり、電子伝達系で電子一個を授受したりしている。こういった仕事は他の有機分子やタンパク質だけでは難しい反応である。 , ,
ヘム ヘム Links * ヘモグロビン * クロロフィル 補因子 金属 キレート , ,
ヘモグロビン ヘモグロビン ヘモグロビンは、ミオグロビンに似た構造のタンパク質が4分子集まった複合体である。複合体を形成することによって酸素結合能がアロステリック効果を受ける。 酸素が結合していないヘモグロビン , , , ,
ポルフィリン ポルフィリン ポルフィン環を含む化合物をポルフィリンと呼ぶ。ポルフィン環は4つのピロール環がメチンで環状に架橋されており、それらピロール環が修飾されたさまざまな誘導体が存在する。側鎖の異なる誘導体は、接頭語が付加されて呼ばれる。(例:ウロポルフィリン, ヘマトポルフィリン,プロトポルフィリンなど) ポルフィリンは鉄と結合し、ヘモグロビンやミオグロビンのような生物学的に非常に重要なヘムを形成する。(… , , ,