BioWiki

食物

体内に摂取されて栄養素となる物質全般。

Links

ページ内容タグ
アリル基 アリル基 二重結合で結合した炭素2つを含む官能基。 食物に含まれるアリル化合物 身近な食物の強烈な匂いや味の成分として、硫黄原子とアリル基を含んだものが多い。 硫化アリル (allyl sulfide) , ,
イソプロピルクレゾール (チモール) イソプロピルクレゾール (チモール) 香草のタイムオイルから得られるフェノール化合物。医薬品の安定剤としても使われる。殺菌剤、抗菌剤、あるいは抗真菌効果が利用されてきた。また、以前は防虫剤として用いられてきた。(MeSH: ,
カプサイシン カプサイシン カプサイシン (capsaicin) はアルカロイドのうちカプサイシノイドと呼ばれる化合物のひとつ。唐辛子の辛味をもたらす主成分で、辛味の指標であるスコヴィル値における基準物質。 ,
カプサンチン カプサンチン 唐辛子の赤色の主成分。辛味の主成分はカプサイシン Name Capsanthin Paprika extractMeSH 67006889 Molecular Weight 584.87084 g/mol Molecular Formula XLogP 6.9 リンク * カプサイシン 化学構造 食物 色素 , ,
カロテン カロテン (carotene) 緑黄色野菜に多く含まれる天然に存在する色素で、キサントフィルとともにカロテノイドと呼ばれる。炭化水素のみからなるものをカロテン(carotene)、酸素を含むものをキサントフィル(xanthophyll)と呼ぶこともある。語源はにんじんの「carrot」に由来する。 , ,
サルフォラファン サルフォラファン ブロッコリーなどに含まれる発ガン抑制物質。 References * * * 化学構造 食物 ,
テオフィリン テオフィリン 茶から得られるメチル化キサンチンで、利尿作用・筋弛緩・気管支拡張・強心作用・中枢神経刺激作用をもつ。テオフィリンはcAMPを分解する 3',5'-サイクリックヌクレオチドフォスフォジエステラーゼを阻害するので、アデニル酸シクラーゼやcAMPの機能に影響を与えると考えられる。 (MeSH: , , ,
テオブロミン テオブロミン カカオ豆などの植物に含まれるアルカロイド。キサンチンアルカロイドは気管支拡張薬に用いられることがある。利尿作用や平滑筋への刺激作用はテオフィリンより弱い。中枢神経系への作用はない。(MeSH: ,
ナスニン ナスニン 日本のなすびの外皮に含まれる紫色のアントシアン系色素。熱によって分解、褐変する。 この色素は、金属イオンと錯体を形成して安定化する。漬け物にするときに、色を鮮やかに保つためにミョウバンを加えたり鉄釘と一緒に漬けるのはこのためである。 , , ,
レチノール(ビタミンA) レチノール(ビタミンA) レチノールは、網膜の代謝・上皮組織の分化・骨形成・再生・免疫応答などに必須の栄養素。植物のさまざまなカロテンから分解して生成される。また、肝臓・卵黄・乳製品の脂肪分に多く含まれている。 , ,
葉酸(ビタミンB) 葉酸(ビタミンB) ビタミンB群に属し、造血系を活性化する。肝臓や腎臓に存在し、マッシュルーム、ホウレンソウ、イースト、緑色の葉や草(イネ)に含まれている。葉酸欠乏症や巨赤芽球性貧血の治療や予防に用いられる。(MeSH: , ,