BioWiki

ATP

ページ内容タグ
AAA+プロテアーゼ AAA+プロテアーゼ トリプシンやペプシンのようなプロテアーゼは細胞外に分散してすぐにタンパク質を切り始める。しかし、細胞内で何でもかんでも切られては困るので、より制御されたシステムが必要となる。制御された細胞内プロテアーゼの1つ、AAA+プロテアーゼは、活性部位が露出しないようにできており切断するタンパク質を容器に閉じ込めてから切断する。 , , ,
ATPシンターゼ ATPシンターゼ 生命活動の化学エネルギー通貨として用いられるATPは、ATPシンターゼによって生成される。ATPシンターゼのF0部分はサブユニットが円形に並んだモーターのような構造で、膜電位差によって回転する。この回転に伴ってF1部分でADPからATPが生成される。 , ,
アデニル酸シクラーゼ アデニル酸シクラーゼ ATPを環状化してcAMPを合成する酵素。 Protein familyAdenylate cyclaseEC4.6.1.1 PDB entry Reference リンク * ATP/cAMP * サイクリックヌクレオチドフォスフォジエステラーゼ 酵素 atp 化学構造 , ,
シャペロン シャペロン シャペロンは、合成されたタンパク質の間違った折りたたみ(ミスフォールディング)を防ぐ。 タンパク質はアミノ酸が一つ一つつなげられて出来たポリペプチド鎖から出来ており、この鎖は自発的に折りたたまれていく(フォールディング)。しかし、巨大なタンパク質や複数のドメインを持ったタンパク質がコンパクトな形にたたまれる長い時間の間に、正しくフォールディングされなくなる場合もある。シャペロンは、そういったミスフォールディングが起きないように、ポリペプチド鎖と結合してフォールディングを介添えする。… , , ,
ミオシン ミオシン ATPのもつ化学エネルギーを物理的な動きに変えるタンパク質。四肢の筋肉も心臓の拍動もミオシンの働きによるものである。 Reference Links * Myosin - RCSB PDB 'Molecule of the month' * 今月の分子2001 * ,
ルシフェラーゼ ルシフェラーゼ ルシフェラーゼは、ATPを消費してルシフェリンを発光させる酸化還元酵素である。 PDB ルシフェラーゼ ルシフェリン Links * 緑色蛍光タンパク質 * Luciferase - RCSB PDB site 'Molecule of the month' * AK Rainbow社のページ 酵素 補酵素 酸化還元 atp , , ,
多剤耐性トランスポーター 多剤耐性トランスポーター バクテリアが抗生物質に耐性をもつのは、次のような機構があるからである。 * 抗生物質を特異的に失活させる酵素をもっている。 * 抗生物質らしき物質を細胞外に排出する。 , ,