BioWiki

Tris-HClバッファー

Trisを塩酸で中和した緩衝液。安価でpKaが中性付近で分光測定も可能なので、生化学実験でよく用いられる。ただ、温度依存性/アミンの反応性/生理学的な干渉が実験系に影響を与えることがある。

→緩衝液の比較などの情報は・・'緩衝液'ページへ

Name Tris base1)
Tromethamine
MeSH 68014325
Molecular Weight 121.13504 g/mol
Molecular Formula C4H11NO3
XLogP -2.7
CAS No.77-86-1
pKa(25ºC)8.08

PubChem image 6503

調製法

1M Tris-HClストック溶液

  1. Tris 121.1g (1 mol)を溶液を800 mLに溶解する。(pHの高いアルカリ溶液)
  2. pHに応じた量のHClを加える。
  3. pHを調節する。
  4. 全量が1LになるようにH2Oを加える。

塩基

MWweightamount
Tris121.135121.1g1 mol

酸(HCl)

target pHvolume(amount)
7.470 mL 12×0.07 = 0.84 mol
7.660 mL 12×0.06 = 0.72 mol
8.042 mL 12×0.042 = 0.50 mol

(HCl soln: 12M, 37% w/w, hazardous)

リンク

1) 2-amino-2-(hydroxymethyl) propane-1,3-diol