BioWiki

Zincフィンガー (Zinc finger)

Zincフィンガーは、DNAを結合する構造モチーフで、カエルの卵の転写因子TFIIIAから発見された。20-30個程度の少ないアミノ酸残基からなり、2個のヒスチジンと2個のシステインが亜鉛イオン(Zn2+)に配位結合することで、DNAと結合する部分のαヘリックス構造が安定化されている。

PDB image
1TF6 - TranscriptionDNA
Co-Crystal Structure Of Xenopus Tfiiia Zinc Finger Domain Bound To The 5s Ribosomal Rna Gene Internal Control Region
リガンド:ZN

PDB image
1UN6 - Complex(Zinc FingerRNA)
The Crystal Structure Of A Zinc Finger- Rna Complex Reveals Two Modes Of Molecular Recognition
リガンド:MG|ZN
PDB image
2HGH - TranscriptionRNA
Transcription Factor Iiia Zinc Fingers 4-6 Bound To 5s Rrna 55mer (Nmr Structure)
リガンド:ZN

Links