BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

アドレナリンレセプター [2013/06/09 18:07] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======アドレナリンレセプター======
 +私たちの体には、ウィルスやバクテリアの侵入後に働く防御機構だけでなく、危険を回避する本能的な機構も備えている。この機構のひとつが、[[エピネフリン]](アドレナリン)ホルモンの分泌である。本能的に危険を感じた場合に、副腎から体全体にエピネフリンが分泌され、「危険だ」というメッセージを各組織が受け取る。エピネフリンの濃度の増加を細胞内へ伝えるのが、このアドレナリンレセプターである。
 +
 +このレセプターは、7回膜貫通型のタンパク質ファミリーである**GPCR** (Gタンパク質共役レセプター,​ G-protein-coupled receptor)に属していて、結合シグナルをGタンパク質を介して細胞内に伝える。
 +
 +
 +{{pdb>​fullSmall:​2rh1}}
 +
 +
 +======Links======
 +
 +  *[[mom>​100|Adrenergic receptor]] - RCSB '​Molecule of the Month'
 +  *[[http://​www.gpcr.org/​7tm/​|GPCR.org]] - GPCRデータベース
 +  *[[interpro>​IPR002233|Adrenergic receptor]] - EBI
 +
 +
 +{{tag>​膜貫通タンパク質 シグナル伝達}}