BioWiki

アフラトキシンB

カビであるAspergillus flavusが産生するマイコトキシンで、肝臓に対する毒であり、肝臓がんを引き起こすことがある。変異原性、催奇性で、動物の免疫抑制を引き起こす。ピーナッツ・綿実食品・トウモロコシ・その他穀物に混入する。このマイコトキシンは活性化のためにアフラトキシンB1 2,3-oxideにエポキシ化が必要である(アフラトキシンBエポキシド)。ミクロソームモノオキシゲナーゼはこの毒素をより弱い代謝物、アフラトキシンM1,Q1に変換できる酵素である。

名前Aflatoxin B
PubChem image 186907