BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

アフラトキシンb [2013/01/31 14:38] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======アフラトキシンB======
 +
 +カビである[[taxonomy>​5059|Aspergillus flavus]]が産生するマイコトキシンで、肝臓に対する毒であり、肝臓がんを引き起こすことがある。変異原性、催奇性で、動物の免疫抑制を引き起こす。ピーナッツ・綿実食品・トウモロコシ・その他穀物に混入する。このマイコトキシンは活性化のためにアフラトキシンB1 2,​3-oxideにエポキシ化が必要である([[アフラトキシンBエポキシド]])。ミクロソームモノオキシゲナーゼはこの毒素をより弱い代謝物、[[アフラトキシンM1]],​[[アフラトキシンQ1|Q1]]に変換できる酵素である。
 +
 +{{pubchem>​l_template:​186907|Aflatoxin B}}
 +
 +{{tag>​化学構造 毒}}