BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

アフラトキシンm1 [2013/01/31 14:38] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======アフラトキシンM1======
 +4位が水酸化された[[アフラトキシンB]]の代謝物で、[[taxonomy>​5059|ASPERGILLUS]]に汚染された食品に含まれるマイコトキシンのひとつ。肝障害や肝臓癌にかかわっており、P450の活性化を経てエポキシドによるDNAのアルキル化を引き起こす。
 +
 +毒性は肝臓の酵素に依存しており、活性化するもの(シトクロムP450)と無毒化するもの(グルタチオンSトランスフェラーゼ)のバランスによる(Pharmac Ther 50.443 1991)。霊長類やラットは敏感だが、マウスやハムスターは耐性がある(Canc Res 29.236 1969)。
 +
 +
 +{{pubchem>​l_template:​15558498|Aflatoxin M1}}
 +
 +{{tag>​化学構造 毒}}