BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

アミノグリコシドフォスフォトランスフェラーゼ [2013/06/09 18:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======アミノグリコシドフォスフォトランスフェラーゼ======
 +アミノグリコシドフォスフォトランスフェラーゼは、ATPからネオマイシン骨格にリン酸を転移させる酵素。この酵素の遺伝子を持つ細胞は、[[抗生物質]]である[[カナマイシン]],​[[ネオマイシン]],​[[G418]]存在下で生存できる。
 +
 +=====InterProエントリ=====
 +[[interpro>​IPR002575]] Abstract - このエントリは、さまざまなアミノグリコシドに対する耐性を与える抗生物質耐性タンパク質で、アミノグリコシド3'​-リン酸転移酵素や、カナマイシンキナーゼ、ネオマイシンリン酸転移酵素、ストレプトマイシン3'​-リン酸転移酵素を含む。アミノグリコシドフォスフォトランスフェラーゼは抗生物質をリン酸化することによって不活性化する。
 +
 +=====PDBエントリ=====
 +**トランスフェラーゼ(アポ酵素)**
 +{{pdb>​fullsmall:​1j7i}}
 +
 +----
 +
 +**[[カナマイシン]]との複合体**
 +{{pdb>​fullsmall:​1l8t}}
 +
 +----
 +
 +**[[ネオマイシン]]との複合体**
 +{{pdb>​fullsmall:​2b0q}}
 +
 +======Reference=======
 +
 +{{pubmed>​long:​2167474}}
 +
 +
 +
 +{{tag>​酵素 抗生物質 InterPro PDB}}