BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

インポーチン [2013/06/09 18:07] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======インポーチン======
 +インポーチンは、真核生物の細胞質(核外)で合成されたタンパク質のうち、核内ではたらくタンパク質((転写酵素や[[ヌクレオソーム]]を形成するヒストンなど))が細胞質から核内へ移行するのを手伝う。
 +
 +核内へ移行すべきタンパク質には、[[フェニルアラニン]]に富む短いシグナルペプチド領域(核内移行シグナル)が付加されており、インポーチンはこの配列部分を結合して核内に通り抜けるようにガイドする。
 +
 +{{pdb>​fullSmall:​1wa5}}
 +{{pdb>​fullSmall:​1qgk}}
 +{{pdb>​fullSmall:​1ee5}}
 +{{pdb>​short:​1k5j}}
 +{{pdb>​short:​2bku}}
 +
 +====== References ======
 +
 +  -{{pubmed>​long:​17052178}}
 +  -{{pubmed>​long:​16567089}}
 +  -{{pubmed>​long:​15350979}}
 +
 +
 +======Links======
 +
 +  *[[mom>​85|Importins]] - RCSB '​Molecule of the month'
 +
 +
 +{{tag>​真核細胞 膜タンパク質 核 シグナルペプチド}}