BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

エストラジオール [2013/06/09 18:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======エストラジオール======
 + ​一般にはエストラジオールの17β異性体とされ、芳香性18員環ステロイドの3β・17βに水酸基をもつ。エストラジオール17βは哺乳類のエストロゲン様作用が最も強い構造である。ヒトでは、最初に卵巣と胎盤で作られる。また、エストラジオールは男性や閉経後の女性の脂肪組織でも作られる。17α異性体は[[エストロゲンレセプター]]には弱くしか結合できないので、エストロゲン様活性はほとんど示さない。様々なエストラジオールの異性体は有機合成できる。
 +
 +{{pubchem>​l_template:​5757|Estradiol}}
 +
 +(MeSH:​[[MeSH>​68004958]])
 +======Link======
 +
 +  *[[pubchem2structure>​5757|関連するタンパク質構造]]
 +
 +{{tag>​化学構造 ステロイド ホルモン}}