BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

カテキン [2013/06/09 18:07]
127.0.0.1 外部編集
カテキン [2016/01/20 11:15] (現在)
BioWiki Admin
ライン 1: ライン 1:
 ======カテキン====== ======カテキン======
 [[tag:​抗酸化作用]]のある[[フラボノイド]]で、特に (+)-カテキンと(-)-エピカテキン(シス型)が木本類の植物によく見られる。 ([[mesh>​68002392|MeSH]]) [[tag:​抗酸化作用]]のある[[フラボノイド]]で、特に (+)-カテキンと(-)-エピカテキン(シス型)が木本類の植物によく見られる。 ([[mesh>​68002392|MeSH]])
 +
 +カテキンが二量化して赤色に呈色する[[テアフラビン]]は、紅茶に含まれる色素である。
  
 {{pubchem>​l_template:​9064|Catechin}} {{pubchem>​l_template:​9064|Catechin}}